ティーチャブル(Teachable)でオンラインスクールを作ろう!

ティーチャブル(Teachable)でオンラインスクールを作ろう!ALGアカデミーforビジネスの伊藤亜子です。

アイデアを形にして、動画コンテンツを作り、情報をストックすれば、オンラインスクールを開設することができます。

オンランスクール!興味ある!!そう思ってくださったあなた。

あなたは、きっと、人に何かを教えたり、伝えたりすることをお仕事にしている方なんですね!

私自身が、ティーチャブル(Teachable)で2つのオンラインスクールを構築し、13人の生徒さんに教えた経験からわかったこと。それは

『7つのメリット』がある一方で、『講座作りが進まない』『講座が売れない』という事実。

今すぐティーチャブルで講座作りを始めたい!!

と、飛びつく前に・・・ぜひこれからお伝えする内容をお読みください。

あなたのオンライン講座が、無事リリースされ、より多くの必要とされている方に届くよう、わかりやすくお伝えいたします。

ちょっと長くなりますが・・・ぜひ最後までお読みください。

ティーチャブル(Teachable)と出会った!

ティーチャブル(Teachable)に出会う前、私は自宅サロンにて料理家計簿などの講座を開催していました。

楽しく活動していましたが、約2年ほど前、時間をさらにうまく活用するために、活動拠点をオンラインに移行。

コロナ感染拡大をきっかけに、サロン運営を100%オンラインに移行し、現在に至っています。

オンライン講座は、全国海外からもお集まりいただけるので、とても多くのメリットがあります。

しかし、教材や情報の置き場所としては、まだまだ改善が必要と感じていました。

例えば

  • サロン運営のFacebookグループやLINEはそもそもSNSコミュニケーションツールのため、情報の置き場所として満足度が低い
  • 復習や欠席者のためのYouTube限定公開が、編集作業の手間だけでなく、録画ボタン押し忘れなどの講師側の手間と、一度に3時間もの動画配信になるため受講生も負担を感じる、など。

そこで良いプラットフォームはないか?と探し、出会ったのがティーチャブル(Teachable)です。

ちなみに・・・ティーチャブル(Teachable)って、聞いたことありますか?

今でこそ知っている人は多いですが、そもそもアメリカ発の英語サイトのため、日本語の情報はそれほど多くないのが現状です。

私も最初はハテナ?でした。しかし、いろいろ調べていくうちに、自分の求めているものに近いと感じたため、必死で触ってみたところ、やっぱりめっちゃいい!!今ではティーチャブル(Teachable)に全ての講座を移行中で、準備を進めています。

では実際のティーチャブル(Teachable)はどんな点が優れているのか?

また、デメリットはないのか?

次ページ以降で詳しくご説明します。

関連記事

  1. ティーチャブル(Teachable)7つの便利な機能

  2. 経済産業省【中小企業デジタル化応援隊事業】の【IT専門家】に…

  3. 3ヶ月講座のご案内

  4. ティーチャブル(Teachable)で講座作りが進まない理由…

プロフィール

株式会社ALG芦屋 代表取締役/ALGアカデミー主宰/de-au代表
伊藤 亜子


国立大学教育学部卒業後、証券会社入社。 24歳で寿退職後、7年専業主婦。その後7年間ワーキングマザーを経験し、38歳で再び専業主婦となり現在に至る。

5人の子供を育てながら、引っ越し10回、専業主婦、働く主婦、ワンオペ育児を経験。その苦しい経験から家庭経営のコツを編み出し、2012年料理をはじめとする家事全般の講座を開講。外部講師も招致し6年間で延べ1000人が受講。

現在は、全国・海外から受講生が集まっているALGアカデミーの主宰をはじめ、10年以上の経営歴を活かした起業サポートや広報PR活動を行っている。