ティーチャブル(Teachable)とユーデミー(Udemy)どう違う?どっちがいい?

ティーチャブル(Teachable)でオンラインスクールを作ろう!ALGアカデミーforビジネスの伊藤亜子です。

⑤ティーチャブル(Teachable)とユーデミー(Udemy)、どう違う?どっちがいい?

結論は・・・両方使う!!です。

ティーチャブル(Teachable)
■オンラインスクールができる
■オリジナルコンテンツができる
■販売店を持つことができる

ユーデミー(Udemy)
■オリジナルコンテンツができる
コンテンツを販売してくれる

ティーチャブル(Teachable)とユーデミー(Udemy)は、似ているようで、微妙に違います。ややこしいですよね。

ティーチャブル(Teachable)とユーデミー(Udemy)で共通することは

オリジナルコンテンツができる・販売できる

という点です。ティーチャブル(Teachable)サイトに商品販売網はありませんから、自分で認知拡大していく必要があります。

ユーデミー(Udemy)がコンテンツを販売してくれるなら・・・ユーデミー(Udemy)よさそう?と一瞬思いますが

■販売手数料がかかる
■タイムセールで90%offされてしまう
■24000円までの講座しか売れない
■審査がある

など、ユーデミー(Udemy)にもデメリットやハードルがあります。

それぞれの長所短所をよく理解した上で、戦略的に活用する必要があります。

すでに生徒さんがたくさんいて、あくまでも補助的な講座の置き場所にするなら、ユーデミー(Udemy)だけで良いかもしれませんね。

しかし、どちらも動画コンテンツ。

一つ作れば、二つの置き場所に置いて販売することは、もちろん可能です。

ユーデミー(Udemy)はあくまでも認知拡大の場所として利用し、本気で売るのはティーチャブル(Teachable)。

これが最適解だと、オンラインスクールを作りながら強く感じています。


 

私がオンラインスクール作りを本格化させたのは、2020年の終わり。

ティーチャブル(Teachable)とユーデミー(Udemy)の両方で同時リリースできるよう、講座のストックを始めています。

これは絶対当たる!と思い、構築中のノウハウを検証しつつ、同時進行する仲間がいないか、参加者を募ったところ、13名の方がプレ講座に参加してくださいました。

次は、オンラインスクール構築Laboを受けてくださった生徒さまの様子をお伝えします!

 

関連記事

  1. ティーチャブル(Teachable)でオンラインスクールを作…

  2. ティーチャブル(Teachable)初心者がつまづく5つのポ…

  3. 経済産業省【中小企業デジタル化応援隊事業】の【IT専門家】に…

  4. オンラインスクール構築Labo

  5. ティーチャブル(Teachable)の便利な機能

プロフィール

株式会社ALG芦屋 代表取締役/ALGアカデミー主宰/de-au代表
伊藤 亜子


国立大学教育学部卒業後、証券会社入社。 24歳で寿退職後、7年専業主婦。その後7年間ワーキングマザーを経験し、38歳で再び専業主婦となり現在に至る。

5人の子供を育てながら、引っ越し10回、専業主婦、働く主婦、ワンオペ育児を経験。その苦しい経験から家庭経営のコツを編み出し、2012年料理をはじめとする家事全般の講座を開講。外部講師も招致し6年間で延べ1000人が受講。

現在は、全国・海外から受講生が集まっているALGアカデミーの主宰をはじめ、10年以上の経営歴を活かした起業サポートや広報PR活動を行っている。